忍者ブログ
へっぽこ管理人【 you 】のブログですw
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

調子こいて3個目を購入し、作製復活です^^wwwww

今回は【 両腕 】の組み立てです。


歴代ガンダムの中では、比較的細い腕をしています。
前腕部に【 GNコンデンサ 】があります。


【 ショルダーアーマー 】と【 上腕 】が【 GNコード 】で繋がっています。
それによって、【 GN粒子 】を【 GNコンデンサ 】に蓄積していくんですね。


ヒジの可動は、MG恒例の【 二重関節 】となっています。


ここまで曲げる事ができます。
【 二重関節 】の割には、この【 エクシア 】はあまり曲がりませんね^^;;;;;
90度近く曲がるMGはいくつもありますが、これは珍しいかも・・・


【 ホログラムパーツ 】キレイに輝いております^^v


【 前腕部 】にも【 ホログラムパーツ 】あり^^w
よく見ると、【 内部パーツ 】が確認できます。


ヒジを曲げると、引き出されます。
連動可動は【 MGシリーズ 】の醍醐味かもしれません^^w


【 GNコンデンサ 】部は、3層構成となっております。
まずは、【 前腕フレーム 】に【 コンデンサ用シール 】を貼り付けます。


【 クリアパーツ 】をシール部の上に取り付けます。


【 クリアグリーン 】のパーツを、先ほどと同じ所に取り付けて終了。
写真では分かりにくいですが、【 コンデンサ用シール 】の文字が浮き上がっているように見えます。
外装を取り付けた状態の写真・・・撮り忘れーた^^;;;;;


本体とドッキング・・・アングル悪い(汗)

失敗で大損だった【 イグニッションモード 】ですが、今回は大丈夫のようです。
なぜかと言うと、すでに完成しているからです!!wwwwww
【 エクシア・リペア 】の再現は出来ませんが、安心しました。
順次パーツごとのアップをしていきますので、お楽しみに^^

次回は【 両脚 】です。

拍手[1回]

PR
今回は【 腰部 】の組み立てです。

各アーマーが独立可動するのはいいのですが、かなりゆるいです^^;;;;;
ヘタレにくい【 ABS樹脂製 】ではあるが、組み立てただけなのに既にゆるいです・・・

色分けはカンペッキです。

パーツが少ないので、短時間で組み上げる事が出来ます。
【 リペア 】は破損状態を再現する為、もっと少ないです^^wwwww


正面


横:両脚の取り付け部は左右独立で上下にスライドし、可動範囲を稼いでおります。


後ろ:【 ビームダガー 】はまだ装備しておりません。劇中と同じように可動して引っこ抜けます^^wwwww


【 胸部 】とドッキングです。

う~む、思った以上に作業が進みません・・・
【 リペア 】も当初の予定では【 バトルダメージ 】の再現はしないつもりでしたが、【 ホビージャパン 】を見てしまった(買ってしまった)せいで・・・もう傷だらけです^^wwwww

次は【 両腕 】です。

【 リペア 】と同時進行・・・大変だYO^^;;;;;

拍手[0回]

今回は【 頭部 】の組み立てです。

成型色による色分けは完璧に近いですが、塗装が一部必要でした。
【 ホログラムパーツ 】も使用しており、豪華な仕上がりになります。


前:設定画に一番近いと言われています。カッコイイです。
【 ツインアイ 】が隠れて見えませんが、シルバー下塗りでクリアグリーンで仕上げてあります。


横:【 GNコンデンサ 】の仕上がりがキレイです。
塗装が必要だった所は、トサカの黒いラインです。(ホントはグレーですが^^;

【 GNコンデンサ 】部は・・・


【 クリアパーツ 】を取り付ける前に、写真のようにシールを貼ります。


接写での写りがあまりよくないデジカメで申し訳ない^^;
シールと同じ絵柄が刻み込まれています。頑張れば読むことも出来ます^^w


取り付けて完了。こちらは【 部分塗装 】していません。


額と後頭部のセンサーはシールでの再現です。
後頭部側が、カッコイイほどに曲がってしまいました^^;;;;;



別角度:薄い紫色の所が【 ホログラムパーツ 】です。
撮影時、あまり七色に輝かず・・・


【 胸部 】とドッキング!!
う~ん、【 エクシアリペア 】にも、したくなってきましたYO^^wwwww

今までに作製してきた【 エクシアヘッド 】の中では、一番の出来の良さではないでしょうか。
やはりそこは【 MG 】の強みでしょうかね^^

次は【 腰部 】です。

拍手[0回]

今回は【 胸部 】の組み立てです。

いつもなら一日でガーーーーって組み立てるのに、三日もかけてしまいました^^wwwww
思いのほか部品点数が多かったという事もありますが、その分作りこまれていて【 MG 】の中では最高の出来だと思います。

あと・・・
【 グフとは違うのだYO!!グフとは!!^^;;;;; 】
もう破損はさせないぞ!!

ということで、まず一日目・・・


正面:全体的に、今回の【 エクシア 】は【 内部フレーム 】の再現がされていないですが、胸部に関しては再現されている方だと思います。


後ろ:【 赤いカバー 】が目立ちますね。本来ここに【 GNドライヴ 】が取り付けられます。
【 GNドライヴ 】を取り付けていない時、背中がすっからかんになってしまうので、そこを保護する為の物でしょうか?


胸の中央の【 GNコンデンサ 】も目立ちます^^
【 HG 】と同様に【 クリアパーツ 】になっており、更には【 形式番号 】らしき物まで刻印されています。



背中の【 赤いカバー 】を外してみました。
3本の爪でロックされているので、それを広げる事で簡単に外せます。
劇中でこのカバーを取り付けた【 エクシア 】が登場したかは・・・覚えていません^^;;;;;
筒状の【 GNドライヴ 】、外すと背中に大きな穴が開いてしまいます・・・


両脇に【 GN粒子 】を各部へ伝達する【 GNコード 】があります。
その【 GNコード 】を再現する為に【 ホログラムパーツ 】を使用します。


七色に光り輝きます^^
組み立ての際、裏表が分かりにくい・・・【 つやのある方を内側に 】とあっても両面つやがある・・・
仕方ないので、指先で確認・・・つるつる面【 つやあり 】。ざらざら面【 つやなし 】。

二日目・・・


【 ウエスト 】【 コクピット 】【 GNコンデンサ 】周辺のパーツの取り付けです。
【 GNコンデンサ 】の文字ですが、3つあり【 GN-001 】【 CELESTIAL BEING 】【 分かりません^^; 】です。
劇中での起動シーン・・・今度確認しとこ^^;;;;;


【 GNコンデンサ 】部を軸に、左右に可動します。この機構の組み立ては初めてかもしれません^^

三日目・・・


正面:【 エクシア 】らしくなりました^^v


やはり【 ガンダム 】には【 トリコロールカラー 】が一番ですね。


後ろ:まだ【 GNドライヴ 】は取り付けていません。



【 ウエスト 】部で前後に可動。これは比較的【 MG 】では定番^^


【 GNドライヴ 】を取り付けてみました。

肩を前方へ引き出す機構ももちろんありますが、今回紹介する為に動かしたら【 白化 】してしまいました。
軸が【 ABS製 】で受けが【 PS製 】・・・プラスチックが負けてしまいました・・・
目立たない【 白化 】だと思いますが、【 両腕 】を取り付けた時にまた考えたいと思います。
ショックのあまり、写真は撮っていません^^;;;;;

次回は【 頭部 】です。

拍手[0回]

今回はパイロットの【 刹那・F・セイエイ 】の塗装です。

塗装する色毎に紹介するつもりでしたが、気づいたら全部塗り終わっていました^^;;;;;


まずは成型色の【 刹那・F・セイエイ 】でございます^^w
それほど多くの色を使ったわけではないですが・・・


それらしく塗装できました^^v

さらに【 墨入れ 】をしたら・・・


うぅ~ん・・・微妙^^;;;;;


【 コクピット 】に座らせました。
【 墨入れ 】・・・やっぱり、しない方がよかったみたいですね^^;;;;;

成型技術の進歩で、かなり細かい【 ディテール 】まで再現できていますが、実にここまで細かいと【 塗装 】が大変です^^;

通常の【 パイロットスーツ 】での塗装なので、組み立ては【 ガンダムエクシア 】に決定。

次回は【 胸部 】の組み立てです。

拍手[0回]

今回は【 GNドライヴ 】の組み立てです。

【 ガンダムエクシア 】の心臓部ともいえるのが【 GNドライヴ 】です。
今は細かく説明はしませんが、キットでは【 ライトユニット 】により前部と後部が【 LED 】で点灯します。
LED点灯は【 イグニッションモード 】の特別仕様です。【 通常版 】には付属しません^^;;;;;

さて、まず最初に・・・


【 ライトユニット 】はこのままでは点灯しないので・・・


【 ボタン電池 】を取り付けます。
家電量販店で購入した場合【 600円程 】かかるところを、百均で2個【 210円 】で購入^^wwwww


【 ボタン電池 】を取り付けて、点灯チェックです。
目が痛いほどの輝きです。




【 GNドライヴ 】組み立て完了。
【 ライトユニット 】を【 コア部分 】と【 タービン部 】にそれぞれ組み込みます。
点灯時は組み込んだ部分をひねる様にしてスイッチを入れます。
スイッチ部の写真忘れた^^;;;;;


矢印の様にひねります^^


【 コア 】と【 タービン 】がキレイに光っております^^v


専用のスタンドです。



取り付けてみました^^wwwww
【 タービン 】がメッキ仕様なので、質感がかなりいいです。



次は点灯状態です。
もう少し周囲を暗くして撮影した方が良かったですね^^;;;;;

この【 GNドライヴ 】は無尽蔵に【 GN粒子 】を発生させる事は出来ず、電池切れを起こし一度【 プトレマイオス 】で充電しなければいけません^^;;;;;;(オヤジィー涙涙涙涙涙

次回は【 刹那・F・セイエイ 】君です。
どちらの【 パイロットスーツ 】で塗装するかはお楽しみに^^

拍手[0回]

まずは各パーツの確認です。


取扱説明書:ボックスアートと同じです。


Aパーツ:【 GNコンデンサ 】のクリアグリーンがキレイです。


胸部正面にあたる【 GNコンデンサ 】です。細かく文字が刻まれています。
これぞまさしく【 バンダイ脅威のメカニズム 】ですな^^wwwww
各部【 GNコンデンサ 】に刻印が入っています。


Bパーツ:外装のパーツが多いです。


Cパーツ:こちらも外装パーツ


Dパーツ:【 上半身 】と【 武装 】の外装パーツですね。


Eパーツ:【 武装 】で使用するパーツが多いです。一部【 内部フレーム 】で使用


Fパーツ:【 脚部 】で使用するパーツが多く見られます。


Gパーツ:【 上半身 】で使用する【 内部フレーム 】パーツですね。


Hパーツ:【 腰部 】と【 GNドライヴ 】のパーツです。
【 GNドライヴ 】で使用するパーツには【 アンダーゲート 】が採用されています。


Iパーツ:クリアパーツです。右上のパーツは【 GNドライヴ 】の専用スタンドだそうです。
【 GNコンデンサ 】部はクリアパーツの二重構造のようですね。
組み立てた時にどのような効果があるのでしょうか?楽しみだYO^^


Jパーツ:【 イグニッションモード 】での限定パーツ①です。


【 メッキ処理 】がしてあります。なので、切り取った時のゲート処理が大変です^^;;;;;


Lパーツ:【 イグニッションモード 】での限定パーツ②です。
【 ガンダムエクシア リペア 】に換装する為のパーツです。
【 GNソード 】の刃先は、【 メッキ処理 】がされていないので塗装が必要です。


Mパーツ:【 イグニッションモード 】での限定パーツ③です。
【 ガンダムエクシア リペア 】にて、【 左腕 】が破損しているのを隠す為に使用する【 マント 】です。


ポリパーツ:取扱説明書を見ると、相当な数が余るようです^^;;;;;


LEDライトユニット:【 イグニッションモード 】での限定パーツ④です。
【 GNドライヴ 】を発光させる為のアイテム。
【 1/100 OO(ダブルオー)ガンダム 】の物とは形が違うような・・・
ボタン電池LR41を計4個使用^^;;;;;


各部へ貼り付ける【 シール・デカールセット 】です。
【 GNコンデンサ 】内の文字は【 シール 】でも再現^^
【 シール ソ 】は、【 リペア 】選択時に脚部【 GNコンデンサ 】部へ貼り付けるためのものです。


ホログラムパーツ:【 GNコード 】を再現する為のパーツです。七色に輝きます。


SB-8パーツ:【 ビームサーベル 】と【 ビームダガー 】のパーツです。
【 1/100シリーズ 】の流用っぽい・・・^^;;;;;

【 ガンダムエクシア リペア 】に換装出来るためパーツ数は多いですが、換装といっても選択式なのでどちらかのパーツが残ってしまいます。
両方の状態を再現したいので、どうなることか・・・^^wwwww
【 MG グフver2.0 】の時のように【 部品破損 】しないように気をつけなくては・・・

次回は【 GNドライヴ 】の組み立てです。

拍手[0回]

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/07 m2]
[06/16 m2]
[05/25 m2]
[03/19 管理人YO]
[03/18 m2]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
you 360
性別:
男性
自己紹介:

バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
 template『銀曜日の』  material『chaton noir』