忍者ブログ
へっぽこ管理人【 you 】のブログですw
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回は【 武装 】の組み立てです。

まず最初に、痛くない【 アーマーシュナイダー 】からいってみましょう^^wwwww


先端部は【 安全基準 】により、毎度の【 痛くない仕様 】です。
見ての通り右が加工前で、左が加工後^^v

この【 アーマーシュナイダー 】は、大腿部のラックに取り付けることが出来ます。
まぁ~そこが定位置とも言える^^wwwww


こんな感じです。刃の部分はシルバーで塗装。

遊んでみました・・・^^w


がしっとグリップを握り・・・


引っこ抜きますwwwww

くるっと回転させ・・・
(回転させるところは上手に撮れませんでした^^;;;;;


かかってこいやぁ~^^wwwww

次は【 タクティカルアームズ Ⅱ 】です。


【 ソードフォーム 】の状態でパシャリ^^w
その下は、【 アーマーシュナイダー 】と【 エネルギーパック? 】です。

【 ソードフォーム 】・・・大型剣。タクティカルアームズ Ⅱを象徴する武装形態。モビルスーツの大きさに匹敵する。表面積が広いため、シールドとして使うことも可能。


かなり大きいです。専用のスタンドが付属です。


大きさの比較・・・ガンダムの約1.5倍ほど・・・

遊んでみました・・・^^w


取説の挿絵と同じポーズを取らせてみました。

【 ソードアーム 】・・・タクティカルアームズ Ⅱを分解し、両手に剣として装備した形態。ソードフォームより取り扱いが楽。


これはこれでデカイんですが^^;;;;;


前腕部の【 ハードポイント 】に接続。

遊んでみました・・・^^w


取説のポーズですみません^^;;;;;


【 ビーム刃 】はクリアパーツで再現

【 ガトリングフォーム 】・・・ガトリング砲台。どの形態からでもガトリング砲は使用可能だが、この形態が最も命中率が高い。砲は実体弾とビーム砲が半々で構成されており、ターゲットに合わせて選択することが出来る。


上側と下側に【 エネルギーパック? 】を取り付けます。下側はスタンドを取り付けているので外してあります。

遊んでみました・・・^^w


パッとしないポーズでごめんなさい^^;;;;;

【 ガトリングアーム 】・・・タクティカルアームズ Ⅱを分解した中央の部分。手持ちガトリング砲として運用。
ガトリングフォームより命中率は下がるが、瞬時にターゲットに向けて放つことが可能。


ソードアームにあたる部分を取り外した状態。

遊んでみました・・・^^w


またまた、パッとしないポーズ^^; エネルギーパック?は上下に取り付け。


別アングル・・・一応、自立しております^^;;;;;

【 フライトフォーム 】・・・基本形態。背中に装着することで、期待に飛行滑空能力を与える。翼は可変翼として機能し、移動時に変形させることで、変則的な動きをとる事ができる。背中に装着したまま、武器として一部使える。


背負うと、これまた重いだなぁ~^^;;;;;

遊んでみました?・・・^^w

と、その前に【 エネルギーパック? 】は【 腰部 】ラックへ取り付け可能。


今回は【 旧キット 】に準じた部分塗装です。
筆塗りなので、すごいムラです^^;;;;; 【 リターダー 】使ってるのになぁ~・・・


ごめんなさい、ポーズ付けていませんでした^^;;;;;
自立は可能だが、重心がかなり後ろになるため倒れやすいです^^;;;;;


【 エネルギーパック? 】取り付け部の塗装も【 旧キット 】仕様w


後ろに倒れないように、スタンドで支えましょう^^w

約一ヶ月で完成させることが出来ました。
恐れているw【 破損 】も今回はなく、順調にまったり組み立てることが出来ました^^v

【 アストレイ 】は正直ストーリーなど分かりませんが、なぜかこの【 ガンダムアストレイ ブルーフレーム セカンド 】だけは、特別に興味があったんですよね。
ガンプラに関しては、【 旧キット 】でも十分な完成度なのですが、安売りで買いそびれてしまい^^;、いつかは買おうと思っていた時に【 MG 】での発売が発表される^^v
そうなったらそっちで買うしかありませんよね?w

このキットは言うまでもなく【 傑作 】です。
重心の関係で倒れそうになりますが、良く動くし武器も豊富?です。
その分パーツ数多いですが、作る時もそれなりに楽しめます。

今回【 旧キット 】に準じた塗装をしましたが、本来ここまで部分塗装しなくても色分けは再現できます。
機会があったら、一度手に取り購入を考えてみてはいかがでしょう?

ヘンテコまとめですが、【 MG ガンダムアストレイ ブルーフレーム セカンドリバイ 】は最終回となります。

MGに関しての次回作は・・・あれが作りたいなぁ~wwwww
ヒント:①ガンダムではありません。 ②シャア専用じゃありません^^w ③でも赤いですwwwww

拍手[1回]

PR
今回は【 両腕 】の組み立てです。

【 ガンダムアストレイ 】本体が、これでようやく完成です。
【 PG OOライザー 】購入までに全て完了させるつもりだったが、【 武装 】がまだ残っています。

あと2~3日で全て組み立てることが出来ると思います。気を抜かずまったり行こう^^wwwww

まずは【 マニピュレータ 】から行きましょう^^w


中指~小指の【 水かき 】のような部分の加工です。【 エッチングノコ 】を使用。

全て切り離し独立可動させたいのですが、今回のパーツは【 手のひら 】のパーツは【 ABS樹脂製 】で、指のパーツは【 PS製 】(プレイス〇ーションではなく、プラスチック^^w
両方【 ABS樹脂製 】だったら【 ゆるみ 】とか気にしないんですが、今回は【 ゆるみ 】やすくなると思ったので切り離しはやめました。


塗装:直接【 白 】を塗るには大変なので、下地に【 シルバー 】を塗装。


【 シルバー 】の上から塗り重ねてみました。【 色むら 】が酷い・・・(汗)


右:親指 左:人差し指 も、同様に処理^^w



塗装、糸冬^^


一番の悩み所だと思う指の塗装・・・
購入当初はしないつもりだったが、やって正解^^v


各部パーツの取り付けと【 ショルダーアーマー 】を組み立て完成^^


【 旧キット 】に比べると、【 ショルダーアーマー 】は小ぶりとなっております。
おそらく【 MG 】なので可動する部分は多いと思います^^wwwww


正面:【 SEED 】系列のMSは基本腕細いです^^w


【 ショルダーアーマー 】が大きい分、よけいと腕が細く見えます^^


向きを変えてw、可動範囲チェックですwwwww


基本は【 二重関節 】なのですが、ヒジの外装部の連動のおかげで【 なんちゃって三重関節 】となっております^^w


【 前腕部 】だけで、90度曲げる事ができます。
ヒジの外装が、前腕部外装から離れているのが分かると思います。この効果により【 三重関節 】のように見せる事ができます。


ひじと【 上腕部 】の可動軸でさらに曲がり、それと手首の軸でも少量可動しここまで曲げれます。


本体とドッキング^^w



別角度:【 両腕 】の後ろ側を撮り忘れてしまいました。こちらで確認してください^^;;;;;


腕も付いたので、またこのポーズをさせてしまった(爆)
かっこいいから許してください^^wwwww

次は【 武装 】です。

約1ヶ月でここまで完成・・・早すぎかな?wwwww

まだ【 PG 】は作り始めていません(ぼそw

拍手[1回]

 ← 拡大します。

【 両腕 】の紹介前に、【 フレーム 】状態をご覧ください。

全身青いです^^wwwww

一部外すとバランスが悪くなる所と、どうしても外せなくなってしまった所あり^^;

ほんと、最近のガンプラ・・・すごいです^^v 
特に【 MG(マスターグレード) 】

外装ガシガシ取り付けて、次は【 両腕 】紹介します^^

拍手[1回]

今回は【 両脚 】の組み立てです。

フレームへの【 墨入れ 】が多く、組み立てに時間がかかりました。
標準になってきている【 二重関節 】により、部品点数もかなり多くなってきております。

では、驚きの可動をご覧ください^^


正面:スネから下は、【 フレーム 】剥き出しです。
大腿部の【 オレンジ色 】は部分塗装です。


本来は、右の青丸のように白ですが、【 旧キット 】は左の赤丸のように【 オレンジ 】です。
白のままより完成後の印象はいいです^^w


横:正面よりボリュームを感じる事ができます。【 墨入れ 】が大変でした^^;
【 大腿部 】横には、武器の1つである【 アーマーシュナイダー 】のラックを装着しております。
【 アーマーシュナイダー 】:【 SEED 】系MSの格闘戦武器の1つ


後ろ:【 スラスター 】内部以外は、すべて成型色で色分けされております。



つま先とカカトには、凶悪なw隠し武器を装備wwwwww
取説によると、これも【 アーマーシュナイダー 】の一種のようです。



赤丸:危険な位に加工wwwww ほんと痛いYO^^w 
青丸:痛くないYOね、これじゃwwwww




ヒザは【 二重関節 】と思いきや、実は【 三重関節 】!!
【 大腿部 】に【 スライド機構 】があり、さらに曲げる事が可能!!


つま先もある程度可動するZE!!

と言う事で・・・


【 両脚 】のみでやってみた^^
もしや、【 胴体部 】を取り付けて出来るかな?

とその前に、【 胴体部 】とドッキング^^w



かっこいい^^wwwww

では・・・



ここまで動くガンプラは初めて作るかも?
すごく自然に片ヒザを着いております^^v


まだ完成もしていないのに、遊んじゃいました^^wwwww
カカトの隠し武器で、【 必殺?カカト落し 】をやってみました^^wwwww
しっかり自立しちゃっております^^

よく動くのでびっくりです!!
色分けも、パーツごとに再現されており、塗装いらずで助かります。

【 アンダーゲート 】も採用されており、今後の展開でアレの発売に期待がかかります^^w

次は【 両腕 】です。

拍手[0回]

今回は【 頭部 】の組み立てです。

【 アストレイシリーズ 】の中で一番好きな顔wwwww
特徴的な【 Vブレード 】が、いかにも強そうな印象^^wwwwwwwwww

旧キットの【 ガンダムアストレイ ブルーフレーム セカンドL 】と比べると、少し小さくアレンジされたような感じ。旧キットを持っていないので比較が出来ないけど、雑誌などを見るとそう思う。
旧キットの購入は今のところないですが、ガンプラショップで見かけたら見比べてみるのも面白いかと^^wwwww

まず、【 ツインアイ 】の塗装から行きたいと思いますw


クリアパーツに【 Mr.カラー 】の【 ルマングリーン 】を、輪郭が分かるように適当に塗りますwwwww


次に【 エナメルカラー 】の【 フラットブラック 】を、【 ルマングリーン 】おかまいなくベタで塗ります。


乾燥したら、【 エナメル溶剤 】で【 ツインアイ 】の部分だけ拭き取って終了^^v

これはエナメル系塗料がラッカー系塗料を侵食しない特徴を活かしたテクニックです。
最初は【 クリアグリーン 】と【 シルバー 】を使って光っているように見せるつもりでしたが、塗装後に組み立ててみたらあまり効果がなかったのでやめました^^;;;;;


頭部フレームに取り付けた状態です。つや消し黒のはずなのに艶が少し出てしまった^^;;;;;

外装を取り付けてみまっすw


正面:【 Vブレード 】が大きくてかっこいいぞ^^w


横:ヘルメット部のツバが前面に大きく飛び出しているのも特徴のひとつ^^


後ろ:フレーム丸見えwwwww



矢印の所が唯一の部分塗装。前側は【 バルカン砲 】もですw


頭頂部にも【 クリアパーツ 】を使用しています。
こちらはベース部に【 シルバー 】を塗り、【 クリアグリーン 】で仕上げています。
多少光っているように見えますかね?wwwww


【 胸部 】とドッキング。
出来るだけアップで撮りたかったので、【 腰部 】は省きました^^;;;;;

やはり【 ガンダム 】は顔がかっこよくなくちゃね^^wwwwww

次は【 両脚 】です。





オマケ・・・

真の顔ですwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

拍手[0回]

今回は【 胸部 】の組み立てです。

う~む、フレームに【 墨入れ 】が大変wwwwwwwwwwwwwww
引き締るからしっかりするけども、【 ディテール 】が細かすぎるwwwwwwwwww
部品点数も意外と多かったような気がする。
多い方が作っていて楽しいが、面倒になってくる事もたまぁ~にあったりする^^;;;;;


正面:何やら【 骸骨 】のようにも見えますね^^;;;;;
【 MG 】の中では、一番の可動範囲の【 胸部 】かもしれない。証拠写真は後日という事で^^;;;;;
ジョイント部をうまく【 アクションベース 】に引っ掛ける事ができました^^wwwww
赤丸の所が唯一の部分塗装でごじゃいます^^w


横:腰から背中にかけて、短いですがアームが接続されています。
どのような仕掛けなのか、今はまだ分かりません^^wwwww


後ろ:ひらぺったいトレーを背負っている形ですが、ここには【 メイン武装 】を取り付けることが出来ます。
無駄にでかいですが、それがまたかっこいい^^wwwww 組み立てはまだ先でつが・・・^^;


別角度:【 墨入れ 】で各パネルラインが引き締っております。


背中の【 MBF ORB ASTRAY 】なんですが、凹モールドで再現されていると思いきや凸モールドでした!!
やるなバンダイ脅威のメカニズム!!^^wwwww


【 腰部 】とドッキングです^^ノ
【 アクションベース 】を今回から活用してます^^wwwww
なので、【 MG ガンダム アストレイ ブルーフレーム セカンド リバイ 】作製は【 腰部 】からだったのでつ^^v

次は【 頭部 】です。

拍手[0回]

【 胸部 】の前に、【 パイロット 】の作製頑張っちゃいました^^wwwww


細かすぎだよ、最近のガンプラパイロット^^;;;;;
サングラスも塗装でなんとか再現出来たけど、指がプルプルでしたが、それが何か?^^wwwww


コクピットに、よっこらしょしましたwwwww
これで大きさが分かりますYOね?

次からは定規を横に置いて写真撮ろう^^;;;;;

パイロットの名前は・・・【 ムラ雲 劾 】 ムラクモ ガイ
全て漢字表記なんですが、【 ムラ 】の変換が出来ません。その字だけでなんて読むのかも分かりません・・・

拍手[0回]

今回は【 腰部 】の組み立てです。

取扱説明書通りに組み立てていくと【 胸部 】からですが、、気分を変えて【 腰部 】から^^wwwww


正面:【 フロントアーマー 】が小さすぎませんか?wwwww


横:【 サイドアーマー 】もちっこいなぁ~^^w


後ろ:黒いパーツは何かのアタッチメントかな?


別角度:【 ブルーフレーム 】なので、青がとても目立つカラーリングとなっております。

【 墨入れ 】を施した状態ですが、フレーム部分の色の選定で迷いました。
【 黒系 】【 濃い青系 】【 茶系 】・・・
普段なら青の成型色には、【 黒系 】で【 墨入れ 】していたんですが、【 茶系 】でやってみました(初)
黒っぽく見えても茶色です^^;
白の成型色は毎度の【 グレー 】です。

なかなかいい感じです。

次は【 胸部 】です。

拍手[0回]

まずは【 パーツ 】の確認をしましょう。


【 取扱説明書 】


【 Aパーツ 】


【 Bパーツ 】


【 Cパーツ 】2枚


【 Dパーツ 】 アンダーゲート


【 Eパーツ 】2枚 アンダーゲート


【 Fパーツ 】 アンダーゲート


【 Gパーツ 】


【 Hパーツ 】 素材が、ガンプラでは珍しいポリプロピレンです。


【 Iパーツ 】2枚


【 Jパーツ 】


【 Kパーツ 】


【 Lパーツ 】2枚


【 Mパーツ 】2枚 


【 アクションベース2セット 】


【 PC-204パーツ 】2枚


【 マーキングシール 】

部品点数が多く細かい部品も多そうなので、紛失と破損に注意が必要ですな^^;
アンダーゲートが採用されているので、カラーバリエーション展開で【 ゴールドフレーム 】が発売されるかもしれません。

ぼちぼちと作製の方、始めるとしましょうか^^wwwww

拍手[0回]

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/07 m2]
[06/16 m2]
[05/25 m2]
[03/19 管理人YO]
[03/18 m2]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
you 360
性別:
男性
自己紹介:

バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
 template『銀曜日の』  material『chaton noir』